あんどう接骨院ブログ

2020.12.04更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

つい最近口内炎ができてしまいました・・・

今回できた口内炎は唇ではなかったので、

まだましだったんですが、唇なんかにできたら最悪ですよね!

味噌汁なんか飲もうものなら「いてーっ、」ですからね。

しかし、

このウザい口内炎の対処法を熟知しているので、

すぐに改善したんですがね!

そもそも、何故?口内炎が起きるのか・・・

それは、「細菌の繁殖。」ねんですよ。

ですので、

要は殺菌すればいいんです!

中々、口内炎が治らなかったりするのは、

この細菌の増殖を抑えられないからなんです!

「やばい、口内炎ができたな・・・」と思ったら、

口の中でブクブクうがいを30秒~60秒くらいやればOKです!

そして、

口内炎は確かに細菌増殖が原因でなるんですが、

そうなってしまう最大の原因が「ストレスのせいで唾液の分泌量が減るから・・・」なんです!

ですので、

口内炎の最大の予防法は「できるだけストレスフリーになること!」です!

現実的に無理かもしれませんが、できるだけそれに近づけるようにしたほうが良いと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

投稿者: あんどう接骨院

2020.11.30更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

前回の記事では、ドライアイも肩こりや腰痛を温めると良くなるように、

まぶたを温めると良いということと、

涙の分泌量が減ってなる場合は全体の15%しかないという記事を書きました。

そこで、今回は何故まぶたを温めると良いのか?

を書いていきたいと思います。

涙減少によるドライアイが15%なら、

では、何故ドライアイが起こるのかということなんですが、

それは、「脂」の分泌が不足しているから・・・

ということなんです!

実はまぶたの縁には「マイボーム腺」という脂を分泌する穴があるんです!

そのマイボーム腺から分泌された脂は涙の表面に浮かび、

蒸発を防いでくれているんです!

この脂の分泌が少ないと涙が必要以上に蒸発してしまいドライアイを引き起こす・・・

そのドライアイが全体の70%を占めるそうなんです!

そして、

年齢とともにこのマイボーム腺は詰まりやすくなってしまうということです。

その詰まりをとるのに効果的なのが、まぶたを温めるということなんです!

マイボーム腺の働きを改善して充分な量の脂を分泌することができれば、

涙の無駄な蒸発を防ぐことができる!

それが、結果的に涙の量を一定に保ちドライアイ予防につながるということです!

ですので、読者の皆さんも目が疲れた時はまぶたを温めると良いと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

 

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2020.11.27更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回はドライアイについて書いていきたいと思います。

ドライアイは簡単にいうと涙の分泌量が減って、

目が渇いてしまう疾患ですよね。

では、

そのドライアイをどのように予防していけば良いのか、

説明していきます。

基本的に目も使いすぎればオーバーワークになって疲れてしまいますよね、

目というのはピントを調節する筋肉や、眼球を動かす筋肉など

以外と沢山の筋肉が働いているんです!

首や肩などが凝るように目も凝ってるんですよ。

ですので、

温めれば血行が改善して肩こり・腰痛が良くなるように、

疲れ目もまぶたを温めるといいんです!

そこで、こう思った読者もいると思います。

「ドライアイは涙が少なくなって起こるんだから、温めたって涙なんか増えないだろ、」

それは、半分正解です!

確かに、ドライアイは目の表面の涙が足りなくなり起こる症状、

しかし、

涙の分泌量そのものが不足してなるドライアイは全体の15%ほどなんだそうです!

では、何故?ドライアイが起こるのか、

それは、

次回のブログで説明していきまます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-686

投稿者: あんどう接骨院

2020.11.24更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

前回の記事では足の親指の裏にあるメカノレセプターの話と、

巻き爪の怖さの記事を書きましたが、

その巻爪になる原因と予防策について説明したいと思います。

前回の記事をまとめると、

足の親指の裏にはメカノレセプターがありそれが転倒防止や体の傾きを

整えたりする大事なセンサーの役目をしている、

しかし、

巻き爪になることによりメカノレセプターが狂わせてしまう・・・

という記事でした。

何故巻き爪になるのか?というと、

そもそも爪というのは指のカーブに沿って巻こうとする性質があり、

放置していても必ず巻き爪になるようになっているんですが、

その巻いてくる爪を跳ね返すのが指の腹にかかる圧力なんです!

「手の爪が巻き爪になった・・・」というのをあまり聞かないのは、

普段から手をよく使っている為、指に圧力がかかっているからなんです

そんな巻き爪の予防策が爪の切り方なんですが、

ポイントとして爪の白い部分で指の肉が隠れるくらいがベスト!

ということです。

指の先端の肉が見えるほど切ってしまうと、

歩くときの踏み込む圧力によって爪の両端にある肉が盛り上がってしまい、

メカノレセプターが圧力を感知してしまう。

その為、

足を踏み込ませないようにして、指裏から圧力がかからない状態になってしまう・・・

それが、=巻き爪の原因になる!ということです!

ですので、

足の深爪には要注意というこです!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方は仙台ザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2020.11.22更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は普段誰でも日常的に行っている足の爪切りについて書いていきたいと思います。

当たり前のように行っている足の爪切りも、

注意しないと後々に大変な支障をきたしてしまうので、

その切るポイントと足のメカニズムについて説明していきます!

足のメカニズムなんですが、

実は足の親指の裏にはメカノレセプターというセンサーがあって

これは足の裏にかかる圧力を感知するセンサーで、

その圧力のバランスをもとに、転倒しないように姿勢を変えたり、

身体の傾きを変えてりしているんです!

そして、そのセンサーを狂わせる最大要因が「巻き爪」なんです!

メカノレセプターは非常に感度が良いため、

巻き爪で指に圧力がかかると、

足の裏に圧力がかかっていると判断してしまいその為、

それ以上、足を踏み込まないよう制御が働き、

身体のバランスを崩してまうんです・・・

怖いですよね。

では、何故?

巻き爪になってしまうのかとその予防策を次回のブログでお伝えしたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEl/FAX 022-343-6686

 

投稿者: あんどう接骨院

2020.11.20更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は身体を温めるのが何故?良いのかというベタな記事を書いていきたいと思います。

身体を温める代表といえば当たり前ですがお風呂・温泉でしょう。

温泉や自宅のお風呂に入れば当然、身体が温まり血管が広がり血行が促進されていくので、

良いわけです。

血行が良くなれば内臓や筋肉に酸素(栄養分)が十分に行きわたるだけではなく

細胞で生まれた老廃物も回収されやすくなっていきます!

ということは温泉・風呂で汗をかくのは身体の老廃物が排出されている

つまり、デトックスになっているということです!

そこで、

この記事を読んでいてこんな疑問が浮かんできませんか?

「では、風邪を引いたりして熱がでるのも身体が温まる内にならないのか?」と・・・

入浴すれば体温が上がるんですが、風邪を引いた時にも体温が上がるというのは白血球の中の

リンパ球や好中球・好酸球がウィルスと戦っているために体温が上がっている・・・

ということなんです!

つまり、

入浴で体温を上げるのは人工的にあげている、

風邪で熱がでるのは生理的に体温が上がっているというこになります!

ここ最近は平均体温が35度代という低体温の人が増えているといいますが、

それは、免疫力が下がっているということなんで、

該当する方は積極的に身体を温めていくと良いと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

 

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2020.11.16更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

前回の記事では主にむくみのメカニズムとその怖さについて書きました。

今回は前回に引き続きむくみに対する簡単な対処法をお伝えしたいと思います。

前回の記事をまとめます。

〇むくみとは=細胞の周りに余分な水分が溜まる。

〇余分な水分の正体=組織間液

〇組織間液=細胞に栄養を与える

〇正常な組織間液=役目を終えるとリンパ管に流れる

〇リンパ液の流れが悪くなる=むくむ

という内容でした。

では、どのように対処すれば良いのでしょうか?

そこで、おそらくこのように考える方もいるのではと思います。

「水分を取るとむくむから出来るだけ水分を取らないようにしょう・・・」

実はこれはNGなんです!

リンパ液は自身で流れることができないため、

筋肉や血管の収縮運動によるポンプ作用で流れているんです!

ということは水を飲めば血液はサラサラになりより流れやすくなります!

そういった理由から筋肉・血管のポンプ作用を使えば良いということになります!

ですので、

むくみの最も簡単な対処法は「歩く」ことです!

立ちぱなっしや座りっぱなしだと筋肉が動かないのでリンパ液も流れない・・・

筋肉を動かせば筋ポンプ運動が起きて手っ取り早くむくみを改善できる!

ということです。

ポイントとしては2時間おきに10分歩くだけでも効果があるそうです!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1丁目7-35  TEL/FAX 022-343-6686

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2020.11.15更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

ここ最近一段と寒さがましてきましたが読者の皆さんは、

風邪などひかれてないでしょうか?

コロナに限らずインフルの時期でもあるので、

うがい・手洗いをして頂くと良いと思います。

そこで今回は特に女性を悩ませる「むくみ」について書いていきたいと思います。

これから冬に入れば当然、女性はブーツが必須になってきますが、

足がむくんでブーツのファスナーが上手く閉まらない・・・

など、おこりますよね。

そんな「むくみ」は何故起こるのか?というと、

細胞の周りに余分な水分が溜まっている状態になっているために

むくむんです。

そして、

その余分な水分の正体が「組織間液」という体液で、

主にどんな働きをするのかというと、

「体にはたくさんの毛細血管があるのですが、

その毛細血管の組織には所々に隙間があり、

そこから血液の成分がじわじわと染み出し

細胞に栄養をいきわたらせている大切な組織液なんです!

通常、役目を終えた組織間液はリンパ管に回収されるんですが、

そのリンパの流れが悪くなっていると、

組織間液がどんどんたまっていいき「むくんでしまう・・・」ということなんです!

そして、

この「むくみ」を放置していると、

単に水太りになるだけではなくて、

組織間液の循環が滞って細胞は栄養不足になり、

老廃物がどんどん溜まってしまうことに・・・

すると、

当然、疲れやすくなったり細胞が老化したり・・・

と恐ろしいことになってしまうとも言えます。

では、

そんな恐ろしいむくみを解消するためにはどうすれば良いのか?

次回の記事で答えたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1丁目7-35  TEL/FAX  022-343-6686

 

 

 

 

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2020.11.13更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回の記事はズバリ「入浴」です!

入浴といっても温泉や岩盤浴・サウナなど様々ありますが、

今回の入浴のテーマは自宅の入浴です!

一日の疲れをとる癒しの一つである自宅入浴は

とても大切な日課ですよね!

風呂に入れば当然、体が温まり血行が良くなり健康増進につながるんですが、

体を温めるということは同時に体温も上がるわけです!

この体温を上げることがとても重要で、

体温が1度上がるだけで免疫細胞(主にNK細胞)がかなり活性化するそうです!

そうなれば「がんの予防にもなる1」ということです!

そして、入浴で効率的に体温を上げるためには、

それにとてもベストな時間があるということでなんです!

そのベストな時間とは「午後9時」です!

何故?午後9時かというと、

人の体温というのは一日中、一定ではなくサーカディアンリズムというのがあり、

体内時計に従って変動しているんです、

そして、午後3時ころを境に体温が下がり始め午前3時にピークに達するのですが、

その下降ラインを最もゆるやかにできるのが、

「午後9時入浴」なんです!

実際、午後9時に入浴すると、

他の時間帯の入浴に比べ朝からの体温上昇が早いとう実験結果もでているそうです!

しかしながら、

一般に勤めている方が午後9時に入浴するのは難しいと思いますので、

休日などの余裕のある時にやってみるのも良いかもです!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX  022-343-6686

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2020.11.11更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

前回のブログではサラサラの汗とベタベタの汗の違いについて書きました。

今回は何がその違いを生むのかについて書いていきたいと思います。

サラサラの汗とベタベタの汗の違いを生み出すのが、

「エクリン汗腺」という部位の働き具合なんです!

脳が「汗をかけ、」という指令を出すと、

エクリン汗腺が血液から塩分を取りこみ始める、

そうすると、当然、血中の塩分濃度は下がる。

すると、浸透圧の原理で水分は濃度の低い血液中から、

濃度の高いエクリン汗腺へ移動する。

それが汗として体外へ放出されるというのが、

汗のメカニズムです。

このときに、エクリン汗腺がうまく働いている場合、

取り込んだ塩分をきちんと血液に戻すことができます。

それとは真逆にエクリン汗腺がうまく働いていない場合

塩分も汗もともに放出してしまうため、

体内の塩分濃度がどんどん低下してしまう・・・

ということです!

エクリン汗腺の働きが低下してしまう原因と言われているのが、

生活習慣やストレスなど様々で運動不足もその一つなんです!

ですので、

普段からできるだけ身体を動かして日ごろから「汗をかく!」というのが

重要になってきます!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX  022-343-6686

 

 

 

投稿者: あんどう接骨院

前へ 前へ