あんどう接骨院ブログ

2021.01.19更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

読者の皆さんよく笑ってますか?

今回は「笑い」について書いていきたいと思います。

「笑う門には福来る!」とはよく言ったもので、

笑うことは縁起がよいというイメージをもっている方も多いと思いますが、

健康増進にもかなり良いということをご存知でしたか?

笑うと腹筋を使うからとか、

顔の筋肉をを使うからとか、

いろんなことが想定できますが、

科学的にも証明されいているんです!

ある実験で被検者にお笑いを見てもらい思う存分笑ってもらった結果、

血糖値が下がりなお且つ、

がん細胞をやっつけてくれるというナチュラルキラー細胞が活性化した!

ということです!

何故そうなったのかというと、

自律神経の副交感神経が刺激されてなったということなんです!

副交感神経は主に心拍数や血圧を下げる効果があるとても大切な

自律神経なんです!

笑って気持ちもよくなりなお且つ健康増進になるなんて

笑わないのはもったいないですよね!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

投稿者: あんどう接骨院

2021.01.15更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回のテーマは「カルシウム」です!

カルシウムというと骨を形成するのに欠かせない大事な栄養素ですが、

実は過剰に摂取すると逆に「骨がもろくなってしまう・・・」ということを

ご存知ですか?

一日に必要なカルシウム量は600ミリグラムですが、

日本人の平均摂取量が一日450ミリグラムと不足気味になっているそうです。

そこで、「では、サプリで補おう、」と思う方も多いと思いますが、

ちょっと待ったなんですよ。

TVのCMなどで骨も時間をかけて生まれ変わっているというのをやっているので

知っている方も多いと思いますが、骨も代謝しているんです。

しかし、

カルシウムを極端に取りすぎた場合、

余分な分のカルシウムは排出せれていくので良い反面、

一緒に骨に必要なミネラルも排出されてしまうそうなんです。

そして結果的に骨がもろくなってしまう・・・

食事だけで撮りすぎてしまうなんてことはあまりないそうなんですが、

サプリの場合は注意が必要なんです!

そして、

カルシウムを取る場合、夜に取るのが効果的だそうです、

何故なら血中のカルシウムは夜に減少すからだそうです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX  022-343-6686

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2021.01.13更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

読者の皆さんはサプリメントを飲んでますか?

私は飲んでます!

今回はそんなサプリの代表格である「ビタミン」について書いていきたいと思います。

ビタミンにもC・D・Eなど沢山ありますよね、

そんなビタミンにも取りすぎてもOKなものとNGなのがあるのはご存知ですか?

ビタミンCやBは水溶性と言われていて過剰摂取しても尿で排出されるので大丈夫なんですが、

同じビタミンでもAやDやEなどの脂溶性ビタミンは、

元々食物からの摂取が難しいビタミンのため肝臓などに蓄積されるようにできていて、

摂取すればするほど蓄積していき、過剰症をおこしてしまうそうです!

ビタミンA(取りすぎ)=頭痛・顔面紅潮・皮膚の乾燥

ビタミンD(取りすぎ)=骨からカルシウムが分離しやすくなり、骨がもろくなる・・

しかし、

全部が全部NGというわけではなく過剰摂取しなければ、

ビタミンA・Eなどはがんや心筋梗塞の原因と言われている活性酸素から細胞を守る働きがある!

ということです!

やはり、基本的にはサプリには頼らずにできるだけ食事から取るのがベストということですね!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35   TEL/FAX  022-343-6686

 

投稿者: あんどう接骨院

2021.01.12更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

前回の記事では肺がん発生の男女比について書きましたが、

男性よりも女性の方が肺がんの発生率が高くその原因が不明ということでした。

しかし、あるふたつの原因が指摘されているそうなので説明していきます。

ひとつめが、「活性酸素」で

肺の奥にある免疫細胞は、空気から取り込んだ有害物質が全身に行かないように

活性酸素を使って分解するというメカニズムがあります!

しかし、

一気に大量の有害物質が流入すると、

免疫細胞は有害物質を分解するために異常な量の活性酸素を出してしまうんです・・

それが健康な細胞の遺伝子まで傷つけて「がん化」させてしまうという説です!

そして、ふたつめが「女性ホルモン」の影響というもの、

女性の中には、肺胞にある細胞の表面に女性ホルモンが付きやすい体質の人がいるそうで、

傷ついた細胞に女性ホルモンが付着するとがん化しやすくなると考えられているそうです!

そして、肺胞にできる肺がんは、喫煙による肺がんに比べて早期発見が難しいということです。

何故かというと喫煙による肺がんが肺の入り口付近にできやすいのに比べて、

肺胞は奥にあるからだそうです。

私が思うに特に活性酸素の影響が大きいと思います。

その活性酸素はストレスとも関係が深いそうなので、

中々難しいことだと思いますができるだけ「ストレスフリーになる」のが大事だと思います!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

投稿者: あんどう接骨院

2021.01.08更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は年々増え続けているといわれている肺がんの男女比について書いていきたいと思います。

一般に肺がんの最大原因は喫煙だというのが常識になっていますよね!

しかし、それは男性に限ったことで、

男性の喫煙による原因が70%なのに対して女性の喫煙による肺がん発生率は20%しかないそうなんです・・・

そして、男性よりも女性のほうが肺がんになりやすいというデータが出ているそうです。

喫煙=肺がん=男性70%

喫煙=肺がん=20%

この差は何なんだと思います。

女性における肺がんの80%は原因不明・・・

いろんな仮説がたてられているんですが、

特にこれではないかと指摘されているのが2つあるそうなんですが、

それについては次回のブログで書いていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35   TEL/FAX  022-343-6686

投稿者: あんどう接骨院

2021.01.05更新

明けましておめでとうございます。

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年もコロナや厳しい寒さなど大変な一年になりそうですが、

手洗いやうがい・マスクの着用などを励行し乗り切っていきましよう!

これからも少しでも読者の皆さんの健康や役にたちそうなネタを書いていきますので、

重ねて宜しくお願い致します。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35   TEL/FAX  022-343-6686

投稿者: あんどう接骨院

2020.12.25更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回の記事は貧血です。

貧血といえば、小学生時代の朝礼を思い出しますよね!

私も小学時代に一度だけ貧血を起こして保健室へ直行したのを思い出します(笑)

しかし、これは急性起立性貧血という疾患であって医学的に言う貧血とは違うそうなんです!

本来、貧血というのは「赤血球が少なくなった状態、」を言っていて、

赤血球が少なくなる=酸素を運ぶ力が弱くなる=呼吸量や血流量を増やさないといけない=

その為に息切れ・動悸・めまいが起こるということなんです!

その貧血の原因で一番多いのが「赤血球を作る材料=鉄分が不足している・・・」ことから

「貧血ぎみの人は、鉄分をたくさん取ろう!」となるわけです!

ところが、鉄分をいっぱい取っても治らない貧血があるんです。

それが、腎機能の低下によって引き起こされる「腎性貧血」という疾患

本来、赤血球は骨髄で作られるんですが、

実は腎臓が出すホルモンがないとその作業が始まらないとういうのがあるんです!

つまり、

腎臓が悪くなると造血する為のホルモンの量が減少して赤血球の生成量も減ってしまう・・・

さらに腎臓貧血になると酸素を運ぶ力が減ってしまう=酸素不足になり腎機能が低下

=赤血球の生成量がさらに減り・・・・

という恐ろしいことになってしまうんです・・・

ですので、普段の食事に気を付けるなどして腎臓を大切にしたいところです!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

 

投稿者: あんどう接骨院

2020.12.23更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は今日本はおろか世界中で猛威をふるっているコロナウィルスにも

関係した記事になります。

風邪とインフルでは治し方や予防の概念に違いがあるんです!

基本的に風邪もインフルも予防として手洗い・うがいをすすめられますが、

特にインフルやコロナなどは手洗い・うがいの他にマスクの着用をすすめられますよね!

通常の風邪であれば手などに付着したウィルスから感染する「直接感染」が多いんですが、

それに対して、インフルやコロナは感染力がとても強く「空気感染」が起こりやすいので

TVやネットなどでもマスクの着用が奨励されているんです!

そして、風邪には細菌性とウィルス性の二つあるんです!

よく病院に行くと抗生物質を処方されますが、

ウィルスには抗生物質は効かないんです・・・

じゃあ何故処方されるのかというと、

風邪によって引きこされる肺炎に有効だからなんだそうです!

コロナによる肺炎が細菌性なのかはわかりませんが、

徹底して予防するのが大事だと思います!最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

投稿者: あんどう接骨院

2020.12.22更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

前回の記事では朝食を取ることがサーカディアンリズム(体内時計)を正常に保つために

とても重要だと書きましたが、

その起床後1時間以内に朝食を取ることが実は糖尿病対策としても、

とても重要だったんです!

糖尿病対策として大事なことといえばやはり、

「血糖値を上げないこと・・・」ですよね!

起床後すぐの朝食はこれに絶大な効果をもたらすそうなんです!

何故かというと起床時人間の体は何も食べてない状態でも、

活動のために徐々に血糖値を上昇させるという生理機能があるんです!

朝なにも食べないで出社してみたものの、「腹減ったからコンビニのおにぎりでも食うか・・・」

ということもあるかもしれませんが、これが危険なんだそうです!

食事をすれば当たり前ですが血糖値があがりますよね、

つまり、

起床後、時間をおいて朝食をとると、

血糖値が上がった状態からさらに血糖値を上げることになってしまうんです・・・・

しかし、血糖値がいつまでも上がり続けるわけではなく、

起床後すぐに朝食を取った場合は、

上がった血糖値は昼食の時間に向かって下がっていくんです!

その為、

血糖値を充分下げてから昼食を取れるということなんです!

しかし、

朝食が遅い場合、血糖値が下がりきらないうちに昼食を取ってしまうことになるので、

通常よりも血糖値は高く上昇していく、

なお且つ、夕食に向けても同じことを繰り返してしまう・・・・

つまり、

起床してから時間を置いて朝食を取ると「一日中、血糖値が高いまま維持されてしまう・・・」

ということです!

ですので、一日を通して血糖値を低く保つためには、血糖値が下がりきったところで食事をとると良い。

ということです!

そして、そのためには一日の始まりが肝心なんです!

血糖値が下がりきっているところつまり、起床後すぐに朝食を取れば、

おのずと昼食も夕食も、

血糖値が下がりきったところで食事をすることができる!

ということです!

長文になりましたが朝食をとるタイミングが如何に大事かわかってもらえたら幸いです。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

投稿者: あんどう接骨院

2020.12.21更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

前回のブログでは主にサーカディアンリズムとその役割を書いていきましたが、

今回はサーカディアンリズム(体内時計)のズレを修正するのに大事なメカニズム

について書いていきたいと思います。

サーカディアンリズム(体内時計)のズレを修正するのに関与しているのは、

「光と胃」です!

まず光についていうと、

脳の中にある受容体が朝の光を感じとると体内時計のズレを修正して活動を

始めるように促し、

夜になり光の力が弱まると活動は収まるようになります。

これが本来の体内時計が機能している状態なんです!

ところが夜型の生活になると、

夜遅くままで光を浴び続けることになりますよね、

すると、

脳はまだ夜になっていないと判断し

活動休止のサインを出しそびれてしまうそうです!

よって、体内時計はズレたまま活動して混乱をきたしてしまうというわけなんです!

そして、

胃もまた同じで、朝食を食べると朝と判断して体内時計のズレを正すということです!

ですので、

朝食を抜くということは、いつ朝になったのか身体が判断しづらい状況を強いられる

ということです!

つまり、

夜型の生活を続けていると親時計が発信する信号を受信しにくくなる・・・・

ということです。

ですのでを連発しますが、

「深夜に暴飲暴食をしない、起床後に光を浴びて、1時間以内に朝食をとる。」

ことを心がけるようにすることで、

体内時計のリセットをしていくと将来の健康被害を防げるということです!最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

 

 

投稿者: あんどう接骨院

前へ

entryの検索

カテゴリ