あんどう接骨院ブログ

2021.01.08更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は年々増え続けているといわれている肺がんの男女比について書いていきたいと思います。

一般に肺がんの最大原因は喫煙だというのが常識になっていますよね!

しかし、それは男性に限ったことで、

男性の喫煙による原因が70%なのに対して女性の喫煙による肺がん発生率は20%しかないそうなんです・・・

そして、男性よりも女性のほうが肺がんになりやすいというデータが出ているそうです。

喫煙=肺がん=男性70%

喫煙=肺がん=20%

この差は何なんだと思います。

女性における肺がんの80%は原因不明・・・

いろんな仮説がたてられているんですが、

特にこれではないかと指摘されているのが2つあるそうなんですが、

それについては次回のブログで書いていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35   TEL/FAX  022-343-6686

投稿者: あんどう接骨院

2021.01.05更新

明けましておめでとうございます。

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年もコロナや厳しい寒さなど大変な一年になりそうですが、

手洗いやうがい・マスクの着用などを励行し乗り切っていきましよう!

これからも少しでも読者の皆さんの健康や役にたちそうなネタを書いていきますので、

重ねて宜しくお願い致します。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35   TEL/FAX  022-343-6686

投稿者: あんどう接骨院

2020.12.25更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回の記事は貧血です。

貧血といえば、小学生時代の朝礼を思い出しますよね!

私も小学時代に一度だけ貧血を起こして保健室へ直行したのを思い出します(笑)

しかし、これは急性起立性貧血という疾患であって医学的に言う貧血とは違うそうなんです!

本来、貧血というのは「赤血球が少なくなった状態、」を言っていて、

赤血球が少なくなる=酸素を運ぶ力が弱くなる=呼吸量や血流量を増やさないといけない=

その為に息切れ・動悸・めまいが起こるということなんです!

その貧血の原因で一番多いのが「赤血球を作る材料=鉄分が不足している・・・」ことから

「貧血ぎみの人は、鉄分をたくさん取ろう!」となるわけです!

ところが、鉄分をいっぱい取っても治らない貧血があるんです。

それが、腎機能の低下によって引き起こされる「腎性貧血」という疾患

本来、赤血球は骨髄で作られるんですが、

実は腎臓が出すホルモンがないとその作業が始まらないとういうのがあるんです!

つまり、

腎臓が悪くなると造血する為のホルモンの量が減少して赤血球の生成量も減ってしまう・・・

さらに腎臓貧血になると酸素を運ぶ力が減ってしまう=酸素不足になり腎機能が低下

=赤血球の生成量がさらに減り・・・・

という恐ろしいことになってしまうんです・・・

ですので、普段の食事に気を付けるなどして腎臓を大切にしたいところです!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

 

投稿者: あんどう接骨院

2020.12.23更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は今日本はおろか世界中で猛威をふるっているコロナウィルスにも

関係した記事になります。

風邪とインフルでは治し方や予防の概念に違いがあるんです!

基本的に風邪もインフルも予防として手洗い・うがいをすすめられますが、

特にインフルやコロナなどは手洗い・うがいの他にマスクの着用をすすめられますよね!

通常の風邪であれば手などに付着したウィルスから感染する「直接感染」が多いんですが、

それに対して、インフルやコロナは感染力がとても強く「空気感染」が起こりやすいので

TVやネットなどでもマスクの着用が奨励されているんです!

そして、風邪には細菌性とウィルス性の二つあるんです!

よく病院に行くと抗生物質を処方されますが、

ウィルスには抗生物質は効かないんです・・・

じゃあ何故処方されるのかというと、

風邪によって引きこされる肺炎に有効だからなんだそうです!

コロナによる肺炎が細菌性なのかはわかりませんが、

徹底して予防するのが大事だと思います!最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

投稿者: あんどう接骨院

2020.12.22更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

前回の記事では朝食を取ることがサーカディアンリズム(体内時計)を正常に保つために

とても重要だと書きましたが、

その起床後1時間以内に朝食を取ることが実は糖尿病対策としても、

とても重要だったんです!

糖尿病対策として大事なことといえばやはり、

「血糖値を上げないこと・・・」ですよね!

起床後すぐの朝食はこれに絶大な効果をもたらすそうなんです!

何故かというと起床時人間の体は何も食べてない状態でも、

活動のために徐々に血糖値を上昇させるという生理機能があるんです!

朝なにも食べないで出社してみたものの、「腹減ったからコンビニのおにぎりでも食うか・・・」

ということもあるかもしれませんが、これが危険なんだそうです!

食事をすれば当たり前ですが血糖値があがりますよね、

つまり、

起床後、時間をおいて朝食をとると、

血糖値が上がった状態からさらに血糖値を上げることになってしまうんです・・・・

しかし、血糖値がいつまでも上がり続けるわけではなく、

起床後すぐに朝食を取った場合は、

上がった血糖値は昼食の時間に向かって下がっていくんです!

その為、

血糖値を充分下げてから昼食を取れるということなんです!

しかし、

朝食が遅い場合、血糖値が下がりきらないうちに昼食を取ってしまうことになるので、

通常よりも血糖値は高く上昇していく、

なお且つ、夕食に向けても同じことを繰り返してしまう・・・・

つまり、

起床してから時間を置いて朝食を取ると「一日中、血糖値が高いまま維持されてしまう・・・」

ということです!

ですので、一日を通して血糖値を低く保つためには、血糖値が下がりきったところで食事をとると良い。

ということです!

そして、そのためには一日の始まりが肝心なんです!

血糖値が下がりきっているところつまり、起床後すぐに朝食を取れば、

おのずと昼食も夕食も、

血糖値が下がりきったところで食事をすることができる!

ということです!

長文になりましたが朝食をとるタイミングが如何に大事かわかってもらえたら幸いです。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

投稿者: あんどう接骨院

2020.12.21更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

前回のブログでは主にサーカディアンリズムとその役割を書いていきましたが、

今回はサーカディアンリズム(体内時計)のズレを修正するのに大事なメカニズム

について書いていきたいと思います。

サーカディアンリズム(体内時計)のズレを修正するのに関与しているのは、

「光と胃」です!

まず光についていうと、

脳の中にある受容体が朝の光を感じとると体内時計のズレを修正して活動を

始めるように促し、

夜になり光の力が弱まると活動は収まるようになります。

これが本来の体内時計が機能している状態なんです!

ところが夜型の生活になると、

夜遅くままで光を浴び続けることになりますよね、

すると、

脳はまだ夜になっていないと判断し

活動休止のサインを出しそびれてしまうそうです!

よって、体内時計はズレたまま活動して混乱をきたしてしまうというわけなんです!

そして、

胃もまた同じで、朝食を食べると朝と判断して体内時計のズレを正すということです!

ですので、

朝食を抜くということは、いつ朝になったのか身体が判断しづらい状況を強いられる

ということです!

つまり、

夜型の生活を続けていると親時計が発信する信号を受信しにくくなる・・・・

ということです。

ですのでを連発しますが、

「深夜に暴飲暴食をしない、起床後に光を浴びて、1時間以内に朝食をとる。」

ことを心がけるようにすることで、

体内時計のリセットをしていくと将来の健康被害を防げるということです!最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2020.12.19更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

以前の記事でサーカディアンリズムという一日の体温の変化について書きましたが、

それに関係する情報を書いていきたいと思います。

本来、人間は朝目覚めて夜(暗くなったら)眠るようにプログラムされているんですが、

それが逆転して夜型になってしまうと心臓病・糖尿病・がんという重大な疾患になる

リスクが上がってしまうそうです!

何故夜型になるとそんなに健康に悪影響を起こしてしまうのか?

それにはサーカディアンリズムが関係していたんです!

サーカディアンリズム(体内時計)は体温だけではなく脳波やホルモン分泌や細胞の再生など、

いろいろなものを制御しています。

しかし、

そのサーカディアンリズムも、それぞれのリズムが正確に24時間で稼働しているわけではないんです!

実は少しづつズレたまま動いているんです!

そのままで良いわけないですよね!

そのため、「標準時」のような親時計の役割をするものがあります。

それが光と胃なんです!

何故光と胃なのか?

それについては次回のブログで書いていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX  022-343-6686

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2020.12.14更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回はある脳のメカニズムとジョギングの記事を書いていきたいと思います。

そのある脳とは頭の前側にある前頭前野です。

この前頭前野はいわゆる脳の司令塔で、

主に思考や行動の制御を担当していて、

感情や記憶をコントロールし意思決定を下すということもしている、

計画を立て判断して行動するときに最も働く、

とても重要な脳の領域なんです!

そして、

この前頭前野を活性化させるには、

手を使うこと、会話をすること、言葉や数字を使うこと・・・

だそうです。

よく「麻雀をする人はボケない!」というのを聞いたことがあるかもしれませんが、

確かに彼らは手をよく使うし、会話もするし、計算もしますよね!

おそらく前頭前野がかなり活性化していると思います。

そしでさらにジョギングなどの運動も脳を活性化させることがわかってきているそうです!

そこで、「地図を作ってジョギングする・・・」とさらに良いそうです!

やり方としては、

走る道順を計画し、地図を書いて走り所々で止まり地図を確認する、

そして、

帰宅後にもう一度、地図を見ながら記憶を蘇らせるというもの。

これをするとかなり前頭前野の活性化が期待できるそうなので、

やってみる価値があると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

 

投稿者: あんどう接骨院

2020.12.12更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

前回は運動不足や加齢により血管の筋肉も固くなるという記事をかきました。

それに引き続き今回はそのメカニズムと対処法を書いていきたいと思います。

何故血管が固くなるのか?

それは、

「血管を覆う筋肉が固くなるから。」なんです!

本来であれば、その筋肉は血管の内側の壁が出す一酸化窒素によって

適度に弛緩しているのですが、

加齢とともに一酸化窒素を出す量が減っていってしまう・・・

つまり、

筋肉もリラックスすることができず、

結果としてそのその固い筋肉に囲まれた血管がかたくなる・・・

ということです。

しかし、

その血管の壁の衰えは運動で改善することができるんです!

その運動が「ウォーキング」です。

ウォーキングなどの有酸素運動をすると、

血液を全身に送る必要がでてくるため、

血流が速くなるというのがおきます。

その刺激を受けることにより、

血管内皮細胞が一酸化窒素を普段より多く出すことになるわけです。

それが、血管を覆っている筋肉にも伝わり、

血管が柔らかくなる!

ということです!

ですので、

意識的に歩くようにすると良いと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  FAX/TEL 022-343-6686

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2020.12.08更新

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今の世の中空前の健康ブームのせいかウォーキングに励んでいる方を

よく見かけます!

実はこのウオーキングというのは、とても良いことなんです!

例えば、長年にわたって運動不足になると

筋肉が固くなってきますよね、

それは、何も骨格筋(運動するための筋肉)だけではないんです!

血管の筋肉も固くなってくるんです・・・

固くなってしまった血管は血圧の上を上げてしまうために、

血管の破裂や詰まりの危険度も上げてしまうんです・・・

そして、最終的にはくも膜下出血や大動脈瘤破裂や脳梗塞。心筋梗塞を誘発してしまう・・

恐ろしですよね。

これまでは一度固くなってしまった血管は元に戻らないと考えられてきたんですが、

近年では血管の若返りは可能ということがわかったきたそうです!

では何故血管が固くなってしまうのか?

どうすれば改善できるのか?

次回のブログで書いていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

仙台市太白区及び長町で良質な整・接骨院をお探しの方はザ・モールより徒歩5分のあんどう接骨院までお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35  TEL/FAX 022-343-6686

 

投稿者: あんどう接骨院

前へ 前へ