あんどう接骨院ブログ

2019.04.12更新

あんどう接骨院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回もよくある質問の中から整体院と整・接骨院の違いについて、書いていきたいと思います。

整体と整・接骨の違いから説明していきます。

そもそも整体とは? 

主に骨盤矯正や背骨の歪みを整えたりがメインの療法になります。

整体施術で有効な症状とは?

慢性腰痛・肩こり・ストレートネック・首の痛み・膝の痛み・股関節の痛み・五十肩・自律神経系の問題など

長年悩まされる慢性の痛みの改善に有効な施術です。

 そもそも整骨とは?

骨折・脱臼・打撲・捻挫など、主に急性外傷の施術がメインになります。

※骨折が疑われる場合は当院でお勧めする整形外科を紹介してレントゲンを撮って頂きます。

整・接骨施術で有効な症状は?

例1)歩いていて段差につまずいて足首を捻じって痛めてしまった。

例2)重い物を持ち上げようとした際に腰を捻じって痛めてしまった。

例3)転んで手・膝・尻etcをぶつけてしまった。

など、急性外傷が有効な施術になります。

これらの違いから、慢性的な痛みなら=整体院 ケガなら=整・接骨院ということです。

ここまで読んでこられた方の中にはこのような疑問が浮かぶと思います。

「整骨院の様々なHPを閲覧すると、骨盤矯正とかって書いてるじゃないか?」

その疑問にお答え致します。

整・接骨院といっても、扱える施術はケガのみではなく自由診療(保険外)として骨盤矯正・姿勢バランス矯正・慢性腰痛

肩こり。五十肩なども施術できるのです。

ただ、自由診療(保険外)と聞くと高額な料金を請求されるのでは?という疑問も浮かぶと思います。

窓口料金の設定は、その整体院や整・接骨院によって様々です。

ですので、院選びをする際は果たして自分が求めている症状改善に、その院が提示している料金が妥当なのか?

よくよく吟味する必要があります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

仙台市太白区長町南・長町・鹿野・あすと長町・郡山・八本松・太子堂・大野田・泉崎・富沢で

良質な整・接骨院をお探しの方は、臨床経験18年・開業10年のあんどう接骨院へお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7-35 TEL/FAX 022-343-6686

※ザ・モールより徒歩5分

 

投稿者: あんどう接骨院

2019.04.10更新

あんどう接骨院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は患者さんからよくある質問でもとても多い「骨をボキボキ鳴らしても大丈夫なの?について、

私なりに書いていきたいと思います。

骨が「ボキッ」と鳴る、これをクラッキングと言います。

なぜ?「ボキッ」と鳴るのか?

人間の関節と関節の間には関節包という組織があるのですが、そこには、滑液という関節の柔滑油の役割をしたり、

軟骨に栄養を与えたりするとても大切な体液があります。

その関節に強い圧力をかけることにより、その滑液の中にある気泡が弾け「ボキッ」となるのです。

カイロプラクティックや激しい矯正をする整体などで、「ボキボキ」鳴らされるのは、

関節に強い圧力を加えられることによるものです。

では、その「ボキボキ」鳴らされるのは大丈夫なのか?

昔、自分の指を引っ張って関節の音を鳴らすと指が太くなるというのを、聞いたことがありませんか?

それは、何度も関節が鳴らされることにより、関節包や靭帯に強い刺激がかかります。

すると、そこを補強しようと生理的な現象が起きて太くなると言われています。

カイロプラクティックや整体で「ボキボキ」された関節、首・骨盤・腰の骨も太くなるのでは?

という疑問も浮かぶと思います。

しかし、私の今までの18年の臨床経験や他の先生方の術後の経験を聞いても、

矯正された箇所の骨が太くなったという話を聞いたことがありません。

そういったことから、矯正された骨、関節が太くなるのではと、過度に心配しなくても大丈夫だと思います。

その反面、たくさん「ボキボキ」鳴らすと関節包内に気泡が溜まりやすくなり、

すぐに「ボキボキ」鳴りやすくなったり、靭帯が緩み危険と警報を鳴らす医術者もいます。

実際、私の学んだカイロプラクティックの学校でも、権威のある先生が矯正(アジャスト)しても、

骨が動くのは数ミリと言ってました。

以上のことから、あまり「ボキボキ鳴らす」のは良くないと思います。

ただ一つ留意して頂きたいことがあります。 

それは、当院では意図的に「ボキボキ」鳴らす施術は行わないのですが、

ソフトな施術でも患者さんの状態により鳴ってしまう場合があります。(本当に稀ですが・・)

もし、当院で「ボキボキされのでは?」と心配されているのであれば、心配無用です。

繰り返しになりますが当院では、「ボキボキ鳴らす、」ことを目的とした施術は行いません。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

仙台市太白区長町南・長町・鹿野・あすと長町・郡山・八本松・太子堂・大野田・富沢で、

良質な整骨院・接骨院をお探しの方は、臨床経験18年の院長、安藤高雅志のあんどう接骨院へお越しください。

 

住所 仙台市太白区長町南1-7ー35 TEL/FAX022-343-6686

 

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2018.04.03更新

前回のく=腐らないに続いて今回は「あおいくま」の最後

ま=負けないについて私なりの見解を述べていきたいと思います。

負けないと言うのは、何においても言える不変の大事なマインドだと思います。

スポーツや武道・格闘技における負けられない試合もあれば、

仕事においても負けられない場面というのは、それぞれにあると思います。

負けないという言葉を聞くと、私的にすぐに思い浮かぶ人物がいます。

剣豪「宮本武蔵」です。

60回にも及ぶ真剣勝負をして一度も負けなかった、

まさに剣聖の人物です。

中には「勝てそうな相手としか戦わなかったから無敗だった。」

などと言う者もいるようですが、実際に負ければ即死という、

極限の戦いをする、しかも、60回も戦い無敗など、そんな

「勝てそうな相手とだけ戦う。」などという簡単な戦略だけで

60回も無敗なんてできるものなのかな?と普通に思います。

そして、私的にもう一人宮本武蔵と同じラインにいるのが、

400戦無敗を誇ったグレイシー柔術最強の男「ヒクソングレイシー」です。

彼も宮本武蔵と同じように、数々の勝負をして負けなかったわけです。

彼「ヒクソン」も武蔵同様に、勝てる勝算のある相手とだけ戦い勝ち逃げして引退した。

などと言われたりもしてます。

しかし、名勝負をした船木誠勝・高田延彦・中居祐樹選手など、

ものすごく強い人達だと思いますし、そんな、勝算のある相手などと言っていいものなのか?

彼らに対して甚だ失礼だと思います。

少し話が脱線してしまいましたが、何かことに挑んだ時に起こりうる

様々な壁・トラブルに冷静沈着に対処していくことができるマインドを持つこと。

当然その為には、常に自分に自信が持てるように努力していくことの

積み重ねだと思います。

これで、「コロッケさんのお母さんの座右の銘、あおいくま。」にたいする

自分自信の見解の最終になります。

あ=焦らない

お=怒らない

い=威張らない

く=腐らない

ま=負けない

私もこれから生きる上での座右の銘にしていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

腰痛・肩こり・ストレートネック・五十肩・膝の痛みなら、

仙台市地下鉄長町南駅・ザモールより徒歩5分の「あんどう接骨院」までお越しください。

(日曜診療可)

 

〒982-0012

仙台市太白区長町南1丁目7-35

TEL/FAX 022-343-6686

 

投稿者: あんどう接骨院

2018.03.23更新

前回に引き続き、い=威張らないから今回はく=腐らないについて私なりの見解を述べていきたいと思います。

冒頭からなんですが、人間誰にでも思わず様々な嫌な出来事により腐ってしまうことは、

あると思います。

そんなネガティブマインドになりかけた時に、どのように軌道修正していくのか?

そのマインドセットが如何に大事なのか・・・ということをく=腐らないはテーマ

にしているのだと思います。

私の場合、思わず腐りかけそうになった際に意識することは、

その日に予定している楽しいこと、

1 美味しいごはんを食べること。

2 楽しみにしていたTV番組・DVDを観ること。

3 自分を元気づける音楽(曲)を聴くこと。

など、とにかくこれから楽しい予定が自分を待っているということを、

強くイメージするということです。

腐りそうになってしまった初期段階で、即座にそれらの楽しい予定の

イメージを浮かべるのは、難しいいと思います。

腐りそうになった初期段階では、やはり、こみ上げてきたネガティブマインドが

沈静化するまで俯瞰することにつきます。

ある程度時間が経つことにより、少しずつ落ち着いてくることが多いからです。

そして、その後楽しい予定が自分を待っているということを、

強くイメージすると良いと思います。

誰にでも起こりうる思わず腐りそうになってしまう出来事

それが起こってしまった際は、実践してみる価値はあると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

次回は、ま=負けないについて、私なりの見解を述べていきたいと思います。

 

腰痛・肩こり・ストレートネック・五十肩・膝の痛みなら、仙台市地下鉄長町南駅・ザモールより

徒歩5分の「あんどう接骨院」までお越しください。(日曜診療可)

 

〒982-0012

仙台市太白区長町南1-7-35

TEL/FAX022-343-6686

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2018.03.14更新

前回のお=怒らないに続き今回は

い=威張らないについて私なりの見解を述べていきたいと思います。

ここでこのブログを読んでいる方に質問があります。

あなたはどんな人が「こいつ何威張ってんだよ、」という印象を持ちますか?

1 あれをしろ、これをしろ、と偉そうに指図する人

2 自分がやりたくないことを人にさせて、なにもせずに

  踏ん反りかえぅている人

3 「おれの言うことは絶対だから黙って言うことを聞け、」と人の意見を

   まったく受け入れようとしない人

1~3の中で特に「こいつ威張ってんな、」と思う人物像は3の人ですね。

誰がどう見ても嫌な印象しか受けないと思います。

そもそも威張るという行為を人は何故するのか?

それは、人に舐められたくない・自分の方が対象の相手よりも立ち位置が上だぞ、

とアピールしたい・・・

つまり自己顕示欲の塊のような人がとりやすい行為であり、その自己顕示欲の根底にあるのは、

自分に自信がないことを隠そうとする現れであり、自分を誇張しないと安心できないという心理が

働いているのだと思います。

まとめますと、威張る=自己顕示欲の塊=自分に自信がない、です。

常に向上心を持ってあらゆることにチャレンジし努力していくことにより、

絶対的な自信があれば、威張るという行為はあえてしないと思います。

実際にそういう人を私は何人も見ています。

い=威張らない、ためには自分自身の不安要素(人により千差万別だと思いますが、)

を払拭できるくらい努力していくことだと私は思います。

次回は、く=腐らないについて私なりの見解を述べていきたいと思います。

 

腰痛・肩こり・ストレートネック・五十肩・膝の痛みでお困りの方は、

仙台市地下鉄長町南駅・ザモールより徒歩5分の「あんどう接骨院」にお越しください。

 

〒982-0012 

仙台市太白区長町南1丁目7-35

TEL/FAX022-343-6686

あんどう接骨院

 

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2018.03.07更新

前回の焦らないに続き今回は、あおいくまの内の お=怒らない。について

自分なりの見解を述べていきたいと思います。

前回の焦らないをまだ読んでない方は、前回のブログをご覧ください。

怒らない・みなさんはどんな時によく怒りますか?

理由は人により様々だと思います。

〇 マイカーを運転中にいきなり割り込まれた。

〇 店員の無礼な態度に「イラッ」ときた。

〇 世を騒がせる悲惨な事件の数々

〇 会話中に意見が合わなくなり口論になった。

等々いろいろあると思います。

この怒りという感情は、下手をすると大きなトラブルに発展してしまう

危険性もありますよね。

その危険を回避するためにも怒りを自分自身でコントロールする必要があると思います。

そこで、私が「イラッ」ときた時に使う意識のコントロール法があります。

それは、臍下丹田に意識を集中させながら「この怒りも永遠には続かない、」

と自分に言い聞かせることです。

これは、私が元々長年にわたり様々な武道をやってきた中で、感じ実践してきたものです。

実際の怒りの局面では中々難しいと思いますが、

自分の状態を感じてみると解ります、「イラッ」としているときというのは、

大抵頭に血が上り気が上ずっています。

そこで、臍下丹田に意識を集中させて「この怒りも永遠には続かない。」

と言い聞かせることです。

みなさんも怒ってしまった際に実践してみてください。

次回は い=威張らないについて述べていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

腰痛・肩こり・五十肩・ストレートネック・膝の痛みなら仙台地下鉄長町南駅・ザモールより徒歩5分の

「あんどう接骨院」までお越しください。

 

                                                                                       〒982-0012

                               仙台市太白区長町南1丁目7-35

                               TEL/FAX 022-343-6686

 

 

 

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2018.02.24更新

 

最近知った言葉ですごく良いなと思った言葉があるので、それをシェアしたいと思います。

ものまねタレントの大御所「コロッケさん」のお母さんが、コロッケさんに仕事などで行き詰まった

時に、この言葉を思い出すように教えてくれていた略語があります。

それが「あおいくま」です。

あ=焦らない  お=怒らない

い=威張らない  く=腐らない

ま=負けない

この五つは仕事に関わらず人として、とても大事なことだと思います。

あ=焦らない、に関して自分なりの見解を述べたいと思います。

みなさんは主にどんな時に焦りますか?

私はやはり時間に追われている時がよく焦ります。

そんな時に私がよく意識するのが、呼吸法をうまく活用することです。

呼吸法と言ってもそんなに難しい事はありません。

みなさんもよく見聞きすると思いますが、腹式呼吸をベースに

3秒吸って7~10秒かけて吐ききるという呼吸法です。

これをすると自律神経の副交感神経が優位になり、心が安定しリラックスしてきます。

焦っている時は、どうしても心拍数が上がり興奮状態になってしまいますが、呼吸法により

それを調整することで、心拍数が減りつまり心も落ち着いてきます。

みなさんも「焦ってきたな」と思いましたらやってみてください。

次回のブログで、お=怒らない、について自分なりの見解を書いていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

       〒982-0012  宮城県仙台市太白区長町南1-7-35 あんどう接骨院

 

 

投稿者: あんどう接骨院

2017.06.16更新

  

当院のブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は足関節捻挫を過去に受傷していて、現在も痛みに悩んでいる方へのメッセージを書きたいと思います。

足関節捻挫はスポーツの競技中もしくは、ヒールの高い靴を履いていて足首を内側に捻じってしまい受傷

する捻挫ですが、受傷直後は湿布を貼って固定したり、マッサージなどで施術をすると思います。

そして、捻挫の程度(靭帯の損傷状態)にもよりますが、数週間~数ヶ月で治癒していくというのが 一般的ですね!

しかし、靭帯や筋肉の損傷が治まったとしても、ある足関節の大事な骨のズレが本来あるべき位置に調整されていないと、

「また、痛み出してきた、(T△T)」となってしまうのです。

当院では、その大事な骨をある手技で正しい位置に矯正していきます。

この施術を行うことにより、いつまでも治らなかった不快な痛みから脱却できます。 過去に受傷した足関節捻挫の慢性痛から解放されたい方は、地下鉄長町南駅・ザモールより徒歩5分の当院へ、ぜひお越しください。

投稿者: あんどう接骨院

2017.04.27更新

宜しくお願い致します。

投稿者: あんどう接骨院

前へ